シーリング(コーキング)の打替え

シーリング(コーキング)の打替え

先日のE空間が協力アドバイザーをつとめて開催している「屋根・外壁塗装の相談説明会」で、「シーリング」についての質問がございました。
IMG_3682

築10年を過ぎると、シーリング(コーキング)の劣化がみられるようになります。
打替えの内容としては、まず劣化したコーキングを取り除き

IMG_3683

養生して

IMG_3681

新しいシーリング材を入れて

IMG_3679

仕上げます。ここから、塗装工事に入っていきます。

外壁素材は夏は膨張し冬は縮むので「シーリング」はそれらを緩和する大事な「つなぎ目」の役割を果たしています。
外壁も生きているというわけです

ご自宅の外壁を守っている「シーリング」。
いまいちど、ご自身の目でチェックして頂きたいです!

「上の方までは目が届かへんわ(TдT)ノ」
・・・確かに、3階建てのお宅などは難しいかもしれませんね

弊社E空間では「外壁・屋根診断」無料で行っております

築10年を過ぎたのならシーリングは「補修」ではなく「打替え」をおススメします!外壁の塗り替えと同時に施工することで足場代を節約することにもつながります💰

お気軽にお問合せください

http://www.e-kuukan103.com/seminar.html