断熱塗料と遮熱塗料の違いや特徴を解説

断熱塗料と遮熱塗料の違いや特徴を解説

建物の屋根や外壁には塗料が使用されていますが、塗料にもいろいろな種類があり、それぞれ性能も違えば耐用年数も変わってきます。
ここでは断熱塗料と遮熱塗料の違いや、それぞれの特徴について解説していきます。

断熱塗料の特徴

断熱塗料とは、その名が表しているように熱伝道を抑える効果を兼ね備えている塗料のこと。
簡単に言うと、室内が暑くなりすぎたり、寒くなりすぎたりすることを、防いでくれる塗料です。
暑い夏場は冷気を遮断して部屋の中の温度を涼しく保ち、寒い冬場は太陽光による熱を逃げにくくさせて保温効果を高めてくれます。
メーカーや、商品に含まれる素材などによっても異なりますが、耐用年数は15~20年程度です。

一般的な塗料と比べると、製造・販売しているメーカーが少ないことも断熱塗料の特徴のひとつです。価格は遮熱塗料に比べると割高に設定されていますが、商品ごとに機能が異なります。また、紫外線を吸収する樹脂の多さによっても大きく価格が異なります。

断熱塗料を使用するメリット

断熱塗料の最大のメリットは、夏場は涼しく冬場は暖かい環境づくりができる点です。
オールシーズン対応の塗料であることから、1年中光熱費の節約を可能にしてくれます。
断熱塗料は耐久性に優れていますが、消臭機能や遮音機能などの断熱効果以外の機能を持つ商品が多いこともメリットです。

断熱塗料を使用するデメリット

断熱塗料の施工例はまだまだ少ないです。
そのため、施工をする業者によって仕上がりに差が出ることが断熱塗料を選択するデメリットのひとつです。また、濃い色を選択ができない(カラーバリエーションが少ない)、艶がある仕上がりが難しいなど、イメージ通りの仕上がりが難しい点もデメリットです。
選択肢が少ないことを頭に入れておきましょう。

遮熱塗料の特徴

遮熱塗料は、屋根や外壁などが受ける太陽光を反射させて、部屋の中の温度上昇を抑えてくれます。その名の通りに、太陽光による熱を遮断できる効果を持っています。
遮熱塗料の耐用年数はメーカーや商品の素材や機能によって異なりますが、10~15年程度となっています。価格は、断熱塗料と比較すると低く設定されています。

遮熱塗料を使用するメリット

遮熱塗料を屋根や外壁に塗布すれば、ヒートアイランド現象を抑制させることができます。
遮熱効果により、建物に熱がこもりにくくなります。
たくさんの家で施工することにより、広範囲に周りの気温を上昇させてしまうヒートアイランド現象を抑えられることにつながります。そのため、遮熱塗料の施工に対して補助金を給付している自治体もあります。

遮熱塗料を使用すると、太陽光による熱が室内に入り込むことを抑制できることから、冷房が効きやすくなり電気代などの光熱費を抑えることにつながります。
また、太陽光による屋根材や外壁材の素材に対する劣化を防ぐことにもつながります。
1年中紫外線にさられることにより家の劣化スピードは早まりますが、遮熱塗料を使用すれば表面にバリアが張られる状態となり、劣化スピードを抑制できます。

遮熱塗料を使用するデメリット

遮熱塗料には太陽光の熱を反射させる効果がありますが、室内の熱を逃げにくくする保温効果はありません。さらに、経年劣化などにより塗膜が汚れると、遮熱効果も低下してしまい、遮熱効果がどんどん失われてしまいます。

紫外線の他にも建物を劣化させる大きな原因が雨水なので、効果の劣化を防ぐには親水性が高い塗料と併用して使用することをおすすめします。
選択する塗料のカラーによっても遮熱効果が変わる点と、効果を発揮するために選択できるカラーに限りがある点もデメリットのひとつです。

まとめ

家を新築したりメンテナンスのための塗装を行ったりするときには、必ず塗料が使用されます。
塗料には数多くの種類がありますが、塗装業者の多くは、使用する塗料について依頼主に詳しい説明をしないまま見積書を提出して工事に取りかかります。
ここでご紹介した通り、遮熱塗料と断熱塗料だけでもそれぞれの効果・耐用年数や単価は異なります。
何も知らないまま価格だけを比較して業者任せにしていると、塗料が持つ効果を知ることもできませんし、気づかないうちに必要以上に高額な塗料を選択していることもあります。

塗料の特徴や違いを知ることにより施工費を抑えられる可能性も高まりますし、ベストな選択を可能にしてくれます。
施工前に塗料についてもヒアリングし、納得できる塗装を行うようにしましょう。

 

断熱塗料や遮熱塗料のご相談はE空間にお任せください

E空間では塗装についての勉強会(セミナー)を実施しております。

塗装について知りたい方はこちらを御覧ください。