外壁塗装の必要性とは?塗装しないとどんなデメリットがある?

外壁塗装の必要性とは?塗装しないとどんなデメリットがある?

「少しくらい家の壁が汚れても気にしないから、外壁塗装はしなくていい」と、外壁のメンテナンスを放置している方も少なくありません。
また「今は余裕がないから」と、外壁塗装の時期を遅らせている方もたくさんいます。
外壁塗装の必要性と、塗装をしないで放置しておいた場合のデメリットについて解説していきます。

外壁塗装の必要性

家の外壁に石やレンガを使用しているなどの特殊な場合を除いては、残念ながらすべての住宅で外壁塗装は必須なメンテナンス作業となります。
まずは外壁塗装の必要性について詳しく紹介していきます。

美観が損なわれる

日本のほとんどの住宅の外壁には、モルタルかサイディングが使用されています。
そのいずれにも塗装がなされており、家は建てた瞬間から劣化が進んでいきます。
外壁に塗布された塗料は、最初のうちは艶があってピカピカ輝いていても、時間の経過と共に艶は失われ色あせも起きてきます。

常に外気に触れていて、強い太陽光を浴びて雨風にもさらされている外壁には、当然汚れも付着していき、早ければ数年で美観を失ってしまいます。さらにその状態を放置しておくと、汚れだけではなくカビや藻やコケが発生して、塗膜の剥離やひび割れが起こり、最終的には廃墟のような佇まいとなってしまいます。

外壁塗装の最大の目的は防水

艶がなくなり色あせやひび割れが起きても、それを味だと受け入れて外壁塗装をしないで放置している方もたくさんいるのが現実です。しかし、外壁塗装の本当の目的は美観を損ねることを防ぐことではありません。外壁塗装の最も大事な目的はズバリ「防水」です。

住宅に限らず、建物は木造、もしくは鉄筋でつくられていますが、いずれの場合も雨水が最大の敵となります。鉄は水に触れると錆びて、木は腐食してしまいます。
外壁や屋根は建物を覆い、内部に雨水が入り込まないようにする役目を果たしています。
もちろん外壁には美観的要素も強く求められますが、なによりも大切なことは防水で、特に雨が多い日本では防水機能は最重要視されています。
外壁に塗布されている塗料は防水機能ももっていて、年々その機能は低下します。
低下した機能を回復させるために、外壁塗装は絶対不可欠な大切な家を守る作業なのです。

外壁塗装をしないことで起きるデメリット

外壁塗装をしないで起きる美観的な要素は前項でも紹介しましたが、ここでは防水機能を果たさなくなったときに起きるデメリットについて解説します。

災害で家が崩壊する可能性も

外壁塗装を怠ったことにより起きた塗膜の剥離やひび割れを放置しておくと、そこから建物の内部に雨水が入り込みます。
外壁の内部には防水シートも装備されていますが、シート自体も劣化を起こしますし、雨水はわずかな隙間から家の中に浸水してしまうこともあります。
その状態を長く放置していると、結露や湿気を発生させて、構造体である木材を腐らせ、鉄を錆びさせてしまいます。

木材も鉄も、水に触れない状態を保つことができれば、何十年でも長持ちさせることは可能ですが、雨水に触れさせえてしまうことにより、寿命を大きく縮めてしまいます。
土台部分まで雨水が浸水してしまうと、家の基礎の劣化も促進させてしまい、本来耐えられる程度の地震や台風でも、家を崩壊させる可能性を高めてしまいます。

シロアリの餌になって建て替えが必要に

家が崩壊しなくても、家の内部に雨水が入り込むとシロアリが発生しやすくなり、構造体の木材を食い荒らされてしまうこともあります。
シロアリの被害にあったとしても、早期に対策すれば修繕で住むケースが多いです。
ただし、シロアリが発生してから長い時間が経過すると、構造体がもはや役目を果たさない手遅れの状態になって、家の建て替えを余儀なくされる場合もあります。

外壁塗装の時期を延ばす方法

外壁塗装をしないという選択肢はありませんが、メンテナンスの時期を延ばすことは可能です。

耐用性の高い塗料を選択する

以前は外壁塗料の耐用年数は10~15年が目安となっていましたが、最近では20年以上もつ塗料もいろいろなメーカーから開発・発売されています。
そのような塗料を選択すれば施工費用は高くなりますが、トータル的に考えればメンテナンス費用を抑えることも可能となります。

外壁診断をこまめに行う

近頃では、外壁の状態を確認する「外壁診断」を無料で実施している業者が増えています。
外壁診断をしても根本的な解決策にはなりませんが、常に外壁の状態を把握しておくことができれば、無駄にメンテナンスをする回数を抑えることにもつながります。

まとめ

外壁塗装を怠ることで家の美観が損なわれることになりますが、外壁塗装の最大の目的は家を雨水から守るための防水です。
外壁にひび割れや塗膜の剥離が起きているのに放置しておくと、内部にどんどん雨水が浸水していきます。そのまま長い時間が経過すると、最悪ちょっとした災害で家が崩壊してしまったり、シロアリに食い荒らされてしまったりし、建て替えが必要になることもあります。そうならなくても、家の中に雨水が入り込んでしまうと修繕費が高くなるほか、外壁塗装では間に合わなくなり、外壁の張替工事が必要になるケースも出てきます。

外壁塗装をしないという選択肢はないですが、塗装に使用する塗料に耐用年数の高いものを選択することで、メンテナンスの時期を延ばすことができます。
また、最近では無料で外壁診断を実施してくれる業者も増えています。
こまめに診断を実施することにより、外壁の状態を常に把握することができ、メンテンス費用を抑えることにもつながりますので、気になる方は利用してみましょう。

外壁診断や外壁塗装のご相談はE空間にお任せください

E空間では塗装についての勉強会(セミナー)を実施しております。

塗装について知りたい方はこちらを御覧ください。